顔に弾力を取り返す!面持ヨガを通してみた

年齢を重ねるに連れて気になって来るのが形相の筋肉のたるみだ。とりわけ目のあたりなどは弾力がないと目つきまで悪くなってしまい、顔付きトータルが暗くなるので気苦労になっていました。疲れてる?なんて自身に訊かれるとなかなか凹みます。

自分の中では常に口角を上げているようにするとか、自身と話す時は顔付き豊かにするなど形相の筋肉を使うように気をつけておるつもりでした。但し重力には損するものです。その程度の心がけでは直しません。

そんな時に気になったのが形相ヨガでした。TVなどで頻繁に紹介されていたので、ネットで調べていくつかの形相の体操を試してみました。これが相当くたびれるんです。形相の使っていない筋肉を取り回すので形相が筋肉痛みたいになります。

一際目のあたりですが、まぶたの近所や裏の筋肉って日常生活ではまぁ扱うことがないんですね。そこを意識して動かします。鏡を見ながら引き上げるのが良いようですが見たこともない顔付きになるので些か笑ってしまいます。

そして楽しみながら一日数分を二ウィークほど続けると精神目のあたりがスッキリしてきたようなニュアンスがありました。慣れると鏡がなくても世帯の中頃などに思い出してはやっていたので実際の影響の間近はわかりません。

ムービーを撮ってビフォーアフターがわかるように記録しておけば良かった、と思いましたが顔付きが悪いとは言われなくなったので良しについてにしました。今度はムービーでリザーブが見られるようにして再チャレンジしてみたいだ。www.be-behada.com